鉱山部門
青化精煉部門
リサイクル部門
産業廃棄物処理部門
労働安全衛生方針

理 念

三井串木野鉱山株式会社で働く人達(社員、パート、派遣社員、協力会社社員)は当社にとって大切な資産であるとともに家庭や地域社会にとってもかけがえのない存在です。
当社は安全と健康の確保を事業活動の最重点課題と位置づけ、採鉱、青化製錬業を通じて100年以上にわたり働く人達の安全と健康の確保に努めてきました。
更に安全で快適な職場環境を確保するため労働安全衛生の維持向上と無事故・無災害工場の実現を目指します。
当社で働く人達も労働安全衛生の重要性を再認識し、安全最優先で行動するとともに安全で健康な職場作りに積極的に参画します。


行動指針

  1. 労働安全衛生に関する法規制および当社が同意するその他の要求事項を順守すると共に継続的に労働安全衛生の改善に取り組み、災害、疾病の予防に努めます。
  2. 社員の協力を得て労働安全衛生活動を推進します。
  3. 当社の全体活動として次の事項を掲げパフォーマンスの改善に取り組みます。

    • 重大リスクの低減
    • KY活動の深化
    • 職場環境の改善
    • 一般法資格取得の推進
  4. 内部監査を定期的に実施し、労働安全衛生管理システムの維持と継続的改善に努めます。
  5. 労働安全衛生教育、社内広報活動などを実施し、労働安全衛生に対する全社員の理解と意識向上を図ります。
  6. この方針は全社員に周知徹底するとともに社外に公開します。

    2010年7月1日 三井串木野鉱山株式会社 社長

〈当社はOHSAS18001を取得しています〉