鉱山部門
青化精煉部門
リサイクル部門
産業廃棄物処理部門
串木野鉱山の歴史
島津家他 万治元年 (1658) 川内市の鍋商人、新原喜左衛門が串木野1号鉱脈を発見。その後島津家他数名の者に引き継がれ盛衰を繰り返す

三井鉱山 明治39年 (1906) 三井鉱山合名会社の経営となる
大正 3年 (1914) 我が国最初の全泥青化製煉工場完成
昭和14年 (1939) 鉱石採掘日産1,300t 操業を達成
昭和18年 4月 (1943) 金鉱業整備令により操業休止
昭和24年11月 (1949) 操業再開

三井金属鉱業 昭和25年 5月 (1950) 三井鉱山株式会社から分離し、神岡鉱業株式会社(現・三井金属鉱業株式会社)の経営となる

三井串木野鉱山 昭和39年 4月 (1964) 三井金属鉱業株式会社から分離し、三井串木野鉱山株式会社として発足する
昭和40年 1月 (1965) 岩戸金山の租鉱権設定、操業開始
(昭和57年 岩戸金山共同鉱業権者に加わる)
昭和53年 4月 (1978) 金銀リサイクル工場、操業開始
昭和62年 4月 (1987) 赤石鉱山の共同鉱業権設定、操業開始
昭和63年11月 (1988) ゴールドパーク串木野開園
平成 2年10月 (1990) バイオ事業開業
平成 8年 6月 (1996) 串木野鉱山採掘休止
平成13年 9月 (2001) バイオ事業から撤退
平成15年 5月 (2003) ISO14001認証取得
平成15年 9月 (2003) ゴールドパーク串木野閉園
平成16年 6月 (2004) 岩戸金山から撤退
平成16年 9月 (2004) OHSAS18001認証取得
平成19年 4月 (2007) プラチナ処理工場操業開始
平成21年 6月 (2009) 串木野鉱山採掘再開
平成24年10月 (2012) イットリウムリサイクル開始